【ゲイ】30歳くらいで死にたいと思っていたかつての僕へ、アラサーになった僕より

同じようなことを思っている若い子へ、なんてメッセージを贈れるほど大層な人間ではないから、昔の僕に向けて書きます。

同じようなことを考えている人がもし読んでくれたなら、ふーんと思ってくれたら嬉しいです。

30歳くらいで死にたいと思っていたかつての僕へ

中学生の頃。ゲイなんだと自覚した時、すごい衝撃で、辛かったね。その辛かった気持ちは、今でも覚えています。

高校に行って、大学に進んで、就職して、結婚して、子供ができて、家を買って、孫ができて、穏やかな老後をむかえて。

漠然と思い描いていた将来設計というか、夢というか、そういう感じのものは、音を立てて崩れ落ちたよね。

それ以前に、社会の偏見とかいろんなものが怖いっていうのもあったし。

そっから、なんやかんやいろいろあって、自分がゲイであることを受け入れたのが大学生の頃くらいかな。

受け入れたし、それなりに楽しい日々を送っていたけれど、でも将来に対する夢とか希望とかはなくて。

未来に楽しみなことがないなら、擦り減って老いていくよりも、30歳くらいで死にたいなーなんて、思っていたよね。

で、思っていたけど、健康に生きているのにそんなことを考えていることに罪悪感を覚える、変に真面目なところもあったり。

さて、30歳くらいで死にたいって思っていたけれど、それは別に積極的に死のうと考えていたわけじゃない。

だから、きっとこのままぼーっと歳を重ねて、衰えて、日々をやり過ごす人生がずっと続いていくのかなって、恐怖を感じていた。のは、つい最近までそうだったので、よく覚えているし、よくわかります。

でもね。

アラサーになった今、僕は死にたいと思わなくなりました。

むしろ、今は死にたくない。楽しいし、夢もできたし。

結婚とか子供とかは無理だけど、今は彼氏と暮らしていて、これからも一緒に暮らしていきたいなって思ってる。

あ、別に彼氏がいて同棲してるから死にたくないってわけじゃなくてね。

いや、わけじゃなくてね、ってのもヒドい話なんだけど。

もちろん、彼氏がいてくれるというのも、楽しいし死にたくない理由の一つだけど、それだけじゃなくて。

「結婚して、子供ができて、家を買って、孫ができて」にかわる、夢を見つけました。

全然違う方向のことなんだけどね。

その夢が何かっていうのは、恥ずかしいからここには書かないけど。

それを叶えるにはものすごく努力しないといけなくて、たぶん一生努力し続けないといけないんだけど。

30にもなって夢なんてって思った?

その気持ちもわかるけど、持ってみると案外いいもんだよ。ワクワクするし、頑張って生きようってなる。

それから、バカな話から真面目な話まで聞いてくれるゲイの友達がいます。

カミングアウトをさらーっと受け入れてくれた、ノンケの友達もいます。

カミングアウトをしていない友達とも、思ってた以上に仲良くやれています。

というわけで、30歳くらいで死にたいと思っていたかつての僕、心配しなくても大丈夫だよ。

って言っても心配になるのもわかるけど。

え? そのうち「40くらいで死にたいな」とか言ってるんじゃないかって?

それはまあ、無いとは言い切れない。

でも、でもですよ。君が迎えたくなかった30を迎えても、少なくとも一瞬は、こうやって人生悪くないって思えるタイミングが来るから。

だから必要以上に将来のことを不安に思わないで、今を楽しみながら、未来に夢を持って欲しいなって。

そう、出来ればもっと早く、いま抱いている夢を見つけて、それにむけて努力して欲しかったなって、昔の自分に対してとても思っています。どうせ未来なんか……なんて思わずにさ。

えーっと。なんかぐちゃぐちゃだらだらと書き連ねてしまったから、言いたいことだけもっかい書いときます。

  • ゲイだから諦めたこともあるけど、それにかわる夢をみつけたよ
  • いまのところ結婚とかはできないけど、彼氏と楽しく暮らしているよ
  • ゲイの友達も、カムアした友達も、してない友達も、いるから大丈夫

以上。

あ、最後に怖い話するね。

この文章、なんとシラフで書いています。

君は、こんな文章をシラフで書けちゃうアラサーになるよ。

んじゃね。

アラサーになった僕より