電子書籍ってどうなの?hontoを実際に使ってみて良かった3つ(+α)のポイント

2020年10月13日

ずっと紙の本派だった僕が"honto"を使うようになるまではこちら

hontoを使って良かったな、便利だな、と思った3つのポイントは

◯hontoポイントが貯まる
◯紙の本・電子書籍が選べる
◯図書カードNEXTが使える

です。他のサービスについては調べただけで実際に使用しての比較ではないので同じような機能があったりはするかもしれませんが……。

詳しく説明する前に、まずは電子書籍自体の利用の流れと感想を。

電子書籍利用の流れ

紙の本が好きってのがそもそもあったのは、前の記事でも書いた通りなんですけど、よくわからないものに対する不安もありました。電子書籍?なんか難しいんでしょって。で、利用してみました。

利用の流れ
①会員登録
②本を選ぶ
③会計する
④DLする
⑤読む

これだけです。へんに構えてたけど、なんかもう拍子抜けするほどに簡単。

電子書籍のここが良い

いつでも、どこでも、すぐ読める

夜中にSNSで見つけた本、気になるから今すぐ読みたい。今日はもう一日中引きこもって過ごしたいけど、あの本が読みたい。そんな時、翌日の開店まで待ったり、気力を振り絞って家から出たりする必要がなくなりました。

また、購入済みの本がすぐ読めるというのも、不意に暇な時間が出来た時とかに読み返せるので便利です。

電子書籍のここがダメ

いつでもどこでも買えるので気づいたらポチッています。本を買うまでのハードル(仕事で営業時間内に行けなかっただ、外出するのが面倒くさいだ、本棚がもう既にぱんぱんだ)が無くなって、紙の本とあわせたトータルの書籍購入金額が上がりました。あぶないです。

で、ここまでは"電子書籍"の特徴だったんですけど、ここからが"honto“の特色、最初に挙げた3つのポイントです。

繰り返しになりますが、他のサービスにも同じような機能があったりするかもしれません……。

◯hontoポイントが貯まる

ジュンク堂や丸善とおなじhontoポイントが貯まります。

しかも!2か月間に「電子書籍ストア」「本の通販ストア」「リアル書店」の3つのストア利用でポイントが4倍、いずれか2つのストア利用でポイントが2倍となるのです。嬉しい。

ちなみに「電子書籍ストア」「本の通販ストア」というのはhontoのホームページ上から電子書籍を買うか紙の本を通販するかで分かれているようです。

◯紙の本・電子書籍が選べる

欲しい本を検索して出てきた商品ページ内で、紙の本を買うか電子書籍を買うか選べます。(もちろんどちらも販売されている場合ですが)

なので、紙の本が欲しいと思って検索したけど品切れ中だから電子書籍を買おうとか、逆に電子書籍を買おうと思ってたけどやっぱ紙で手元に置いておきたいなとかが、シームレスに出来るわけです。すみません、シームレスってちょっと言ってみたかっただけです。

◯図書カードNEXTが使える

電子書籍を買うのにも図書カードが使えるというのはありがたいです。

ただし、hontoポイントに交換して使う方式なので、その分のポイントはつきません。そこがちょっと残念ではあります。

以上が3つのポイントです。なんですが、あともういっこ、これだけ言わせてください。

◯BL専門フロアがある(+αのポイント)

「BL専門フロア すわんぷ」という、BLをたくさん紹介してくれているページがあります。

言ってしまえばページなんですけど、それを"専門フロア"と銘打っている感じがリアル書店を感じて好きです。

数あるジャンルの中からBLに目をかけてくれているのも、BL好きとしては嬉しくて、その計らいに報いなければと思ってしまいます。

以上、“honto”を実際に使ってみて良かった3つ(+α)のポイントでした。

リアル書店推しで二の足を踏んでいる方、よかったら1度、利用されてみてはいかがでしょうか。