【感想】『いただきます、ごちそうさま』至高の年下わんこ攻めBL

2020年10月13日

今日ご紹介するのはこちらです。

いただきます、ごちそうさま

花音コミックス
いただきます、ごちそうさま
倉橋 トモ(著/文)
発行:芳文社
B6判 162ページ
定価 620円+税
ISBN 9784832289611
書店発売日 2015年12月26日

全人類の夢「行き倒れたイケメンを拾う」

これはもう、完全にジャケ買いしました。こんっな可愛い子がこんっなドアップでこんっな美味しそうにご飯食べてる表紙とか反則ではないでしょうか。

この子の名前は春(はる)くん。19歳の大学生。クリスマスの夜に行き倒れていたところを料理人の弘人(ひろと)さんに拾われます。

そうです、全人類の夢、「行き倒れたイケメンを拾う」お話です。

映画『植物図鑑』を思い出しますね。岩ちゃんがもうめちゃくちゃ可愛すぎて拝みました。Blu-rayも買いました。有川浩先生の原作もめっちゃ好きでした。

……という話はまたの機会に広げることにして。

年下わんこ、ぐいぐい

拾われたイケメンはるくんは、弘人さんに一目惚れ。ぐいぐい迫ります。もはや年下わんこ攻めの教科書。

対する弘人さんは、一回りある年の差や、はるくんがノンケということや、なんやかんやがあって受け入れることが出来ません。

なんという贅沢!

でも、受け入れられないけれど、はっきり拒むこともできません。

そりゃこの顔に迫られたらね

さあふたりの関係はどうなっていくのか。ぜひ読んで確かめてキュンと悶えてください。

こんな人におすすめ

  • 年下わんこ攻め好きな人
  • いっぱい食べる君が好き〜な人
  • 大人な美人受けが好きな人
  • 魅力的なサブカップル(?)好きな人
  • スピンオフ的な話が入ってると嬉しい人