意外性のあるプレゼントをお探しの方に。ロマンチックな「月の土地」を紹介します

月の土地が買えるのって、ご存知でしたか?僕はなんとなく話に聞いたことがあったんですが、よくは知りませんでした。

ある友達の誕生日に、別の友達がプレゼントとして準備していて、かなり盛り上がったので紹介させていただきます。

そもそも月の土地とは?

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。同氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、宇宙条約しかないことがわかりました。同氏は月の権利宣言書を作成し、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出し、「地球外不動産業」を始めました。

Lunar Embassy Japan 公式サイト より

というわけで、デニス・ホープ氏の疑問から生まれたアイデア商品のようです。これを買って実際になにかしらの権利が主張できるのかどうか、というのはいろいろな見解もありそうですが、夢やロマンを買うようなイメージかなと、個人的には思います。

どれくらいの広さ?

買える最小単位は1エーカーとなっています。1エーカーってどれくらい……?とピンとこなかったんですが、公式サイトによると

1エーカーは約1,200坪の広さとなります。約1,200坪の広さを例であらわしますと、おおよそ、サッカーグラウンド1つ分に相当します。

Lunar Embassy Japan 公式サイト より

とのことで、かなり広い土地であることがわかります。

では、商品にはどんな種類があるのか見ていきましょう。

月の土地 権利書

ベースとなるのはこの「月の土地

権利書やその和訳などの、書類一式となっています。

月の土地 権利書+α

上記の月の土地にカードがついたのが「月の土地 カードセット

カードではなくファイルがついたのが「月の土地 ファイルセット

そしてカードとファイル、どちらもついたものが「月の土地 カード付ファイルセット

となっています。

これらの商品群には、ひとつだけモンダイ(というほどでもありませんが)があって、それは購入時に権利者の氏名や住所を入力しないといけないという点です。

なので、住所がわからないとか、プレゼント交換に、とかいう時は使えないのです。

しかし、安心してください。そんなときの為にあるのがこちらの「MOON GIFT CARD」です。

MOON GIFT CARD

こちらのGIFT CARDを使えば、権利者自身に情報を入力してもらえるので、より幅広いシーンで利用できます。エアーラッピングされているのも、なんとなく宇宙の雰囲気が感じられて素敵です。

月の土地まとめ

というわけで以上、意外性のあるプレゼントをお探しの方に。ロマンチックな「月の土地」を紹介させていただきました。ではまた。

(↓画像より、公式サイトに飛べます。)