【ゲイ】賃貸で同棲するときはこんな感じで物件を探したよ。という話(前編)

2020年10月13日

いきなりですが、彼氏と同棲して約2年になります。

最近まわりの友達から、同棲ってどう?とか、どうやって始めた?とか訊かれることがちょくちょくあるので、その辺をぽつりぽつりとまとめてみようかなと思います。

ただ、あくまで体験談で、みんなこうしたら万事オッケーうまくいくよ!って話ではないので、参考になるなってところだけ、あくまで参考にでもしていただけたら嬉しいです。

物件探しの手順

第一回目の今回は、物件探しです。同棲をするにあたって、結構大きなポイントなのではないでしょうか。

僕たちは以下のような手順で物件を探しました。

  1. おのおのの条件を思い浮かべる
  2. ふたりでパソコンの前で相談する
  3. 不動産屋さんに行ってみる
  4. 内見に行ってみる
  5. 仮申し込みをする
  6. 周辺環境を確認する

それでは一つずつみていきます。

①おのおのの条件を思い浮かべる

部屋を探すにあたってとりあえず、おのおので物件の条件を考えてみることにしました。

家賃はこれくらいが良いなーとか、どの辺に住みたいなーとか、こんな設備があったらいいなーとか、そのあたりをふわっと。

例えば僕の場合は、

家賃:出来れば○万円以下
沿線:□□駅〜△△駅の間
駅から:徒歩5分以内(7分までは譲れる)
築年数:20年以内(数年なら超えててもよい)
間取り:ベストは2LDK(場合によって1LDK~2DKでも可)
階数:5階以上(理想は7階以上。最上階は嫌)
その他:出来れば…キッチンはガス、駐輪場あり、シャンプードレッサー、など

を考えていました。

②ふたりでパソコンの前で相談する

さて、おのおのが条件を思い浮かべたら、パソコンを準備して物件情報サイトを開きました。

で、何をするかというと、お互いの希望を言い合いながら、検索条件を埋めていく。

大きなエリアを選択して、そこからさらに詳しい沿線やエリアを選択。

「何線沿線がいい?」
「◯◯線の、□□駅〜△△駅がいい」
「△△駅は遠すぎるなー」

みたいなやりとりをして、二人の希望が重なるところを探していきます。沿線の場合は駅を、エリアの場合は細かいエリアを選択したら、次は諸条件です。

「賃料はいくらまで?」
「駅徒歩は何分まで?」
「間取りは?」

そんなやりとりをしながら、二人の妥協点を探し、どんどん検索項目に入れていきます。

この辺の希望が僕たちは正反対で、少々高くても狭くてもいいから駅近築浅がいい僕と、できれば安く広く代わりに駅から遠くて古くてもいいと言う相手と。譲り合い譲られ合い、しかし譲れないところは綱引きのようになりながらなんとか条件を決めていきました。

ここでのポイント、と言うほどではないんですが、入居条件にある

□ルームシェア可
□LGBTフレンドリー

とかそういった項目。これにチェックを入れるとヒット数がガクッと下がってしまったので、ひとまず入れないで探すことにしました。

で、いろんな条件を入れて[検索する]を押すと、条件のきつさにもよりますが、そこそこの数の物件がヒットします。

その中から良いなと思う物件をリストアップして、いざ不動産屋さんに向かいます。

③不動産屋さんに行ってみる

行ってみて、担当の方にルームシェアをしたいと伝えました。(予約の時に書いておくのがスムーズかもしれません)

LGBTフレンドリーな業者さんにアポ取って行って、最初から恋人同士で入居するって伝えたって友達もいたんですが、僕たちはあくまで友人同士のルームシェアというテイで進めました。

仲介業者さんは、大体どこの物件も扱えるそうなので、そこの会社が出していたもの以外も、リストアップした物件をドサッと見てもらいます。それプラス、条件が近そうな物件を担当の方がピックアップしてくれて、その中から今度は絞り込みです。そうすると候補の物件はおおよそ三分の一ずつ、以下の三種類に分けられました。

A.釣り物件
B.ルームシェア不可
C.可能性あり

【A.釣り物件】というのは、実際には無いほど好条件な物件を掲載して来店を促し、「ああ、ちょうど昨日契約が決まってしまったんですよ」などと言って別の物件を勧めるための、とにかく客を「釣る」ための実在しない賃貸情報だそうです。(よその業者さんがあげているものについてそう教えてくれました)

【B.ルームシェア不可】というのは文字通りで、空室ではあるんだけれどルームシェアはお断りの物件。目の前で営業さんが管理会社等に電話をしてくれるんですけど、「◯◯マンションの●●●号室ご希望で、男性二名、ルームシェアご希望です。社会人の方で。はい……わかりました」みたいなやり取りの末、「ルームシェアは難しいみたいです」と告げられます。なかなかドキドキするし、ちょっと悲しい気持ちになる瞬間でした。

【C.可能性あり】最終的にはオーナーのオッケーとか審査とかが必要だけど、管理会社的に多分オッケーだろうという物件。情報サイトで「ルームシェア可」となっていなくても「大丈夫そうです」と言われる物件もあったので、最初から無理に絞り込んでいく必要はない「かも」しれません。

さて、【C.可能性あり】の物件が出そろったところで、次は内見です。

内見なのですが……思ったより長くなってしまったので、内見以降はまた次の記事で書きたいと思います。

もしよろしければ引き続きお付き合いください。

関連記事
【ゲイ】賃貸で同棲するときはこんな感じで物件を探したよ。という話(前編)(本記事)
【ゲイ】賃貸で同棲するときはこんな感じで物件を探したよ。という話(後編)