【ゲイ】賃貸で同棲するとき、こうやって契約しましたという実体験(後編)

2020年10月13日

前編からの続きです。

保証人問題1 自分の親

あかしまるさんの保証人として、あかしまるさんの親御さんと彼さんの親御さん、あわせてお二人を立ててください。

と不動産屋さんに言われたわけですが、彼の親に保証人になってもらうの!?という衝撃と心配で、自分のことは全く忘れていました。が……。

冷静になって考えると、僕の親にだってなんて説明したらいいか。僕たちふたりとも、カミングアウトしていないのです。方法を考えます。

方法1 この際だからカミングアウトもまとめてして、保証人のお願いをする。
いやいやハイリスクすぎるだろう、ということで却下。そもそもカミングアウトするつもりがない。

方法2 ルームシェアで押し通す。
根っからの田舎&昭和気質の父に、社会人男性2名のルームシェアが受け入れられるのか?却下……となりかけましたが、もう他に方法が思いつきません。

というわけで、とにかくルームシェアで押し通そうと覚悟を決めて電話を掛けました。

「あの、引っ越したいから保証人になってほしいんやけど……あ、あとルームシェアやけん同居人がおる(サラッ)」
「同居人?友達?大学の?」
「うん、まあ……大学(の時に知り合った)の……」
「そうか、わかった」

やっぱそうだよね、いきなりルームシェアとか言われてもね……

え?

「……いいの?」
「うん」

ということで、拍子抜けするほどあっけなく、まず一人保証人確保です。父がなぜこんなにさらっと了承してくれたのか、実はちょっとした理由があったんですけど、それはまたの機会に。

保証人問題2 彼の親

さて、最大の難所「彼の親御さんに保証人になってもらう」です。

なったことも、なる予定もないから、あくまで想像ですけど、社会人の息子がいきなり

「ルームシェアしたいから、友達の保証人になってくれん?」

なんて言ってきて、

「おう、いいよ。判子はどこに押せばいいん?」

とはならないでしょう。最低限、どんな奴か確認して、確認しても信用していいものか悩むと思います。保証人なんて。

とりあえずご挨拶はマストだろうから、スーツ着て……ちゃんとしたスーツとかあったかな……髪も切ったほうがいいよな……。手土産はやっぱデパートで酒?あとは、担保としていくらか現金をお預けしたりしたほうが良いかな……。ぐるぐる考える僕をよそに、

「とりあえず一人で話してくる。挨拶来てほしいっていわれたらよろしく」

と、さくっと実家に帰った彼。

戻ってきたその手には、保証人欄が埋まった契約書が握られていました。(一部脚色あり)

「え、あいさつは?」
「ああ、別にいいって」

多くを語らなかったので、彼がどんなふうにお願いして保証人になってもらったのかはわかりません。とにかく親御さんが寛大で、彼がきちんと信頼されているんだろうなと。

その信頼を裏切らせないために、僕もちゃんとしないといけないなと背筋が伸びる思いでした。

保証人問題 まとめ

結局今回僕たちは、とても運よく、するっとこの問題をクリアできたわけですが、最初に双方の親を立ててくれと言われた時はかなり動揺しました。

なので一番いいのは、物件を探す最初の条件の時から「保証人不要」だったり「保証会社利用可」だったり、そういう条件をつけておくことかなと。

だだそうすると、ただでさえ限られる物件が、さらに絞られてしまって、希望の物件が無くなってしまうことも予想されます。

そして僕たちも、今後も無事関係が続いて次に引っ越すとなったらいよいよふたりとも30代、下手したらもっと。今よりさらにいい歳になった息子ふたりのルームシェアに納得して保証人になってくれるのか。また、親が引退していたら今度は兄弟に頼めるのか。

なかなか難しい問題だなと感じます。

審査通過、正式に契約

保証人が決まるとあとはすんなりで、審査も無事通過して、お金を支払って、無事契約締結の運びとなりました。(さらっとですみません)

今回保証人の点でだいぶ、どきどきバタバタしたので、次回の引っ越し(今のところ考えていませんが)に向けてアンテナを張って、情報収集していきたいなと思います。

というわけで、この契約については、僕たちのラッキーが重なりすぎてあまり誰かの参考にはならなかったかもしれませんが、一例としてこんな感じで……。

以上、【ゲイ】賃貸で同棲するとき、こうやって契約しましたという実体験でした。

ではまた。