小説,感想

芥川賞の候補作だからということで手に取った本書に、圧倒された。 関連記事 第164回(20 ...